扉日記

日々の扉や、開けてみたい数々の扉に思いを馳せつつ・・・♡

お太鼓柄の袋帯の再び、単の襦袢

前回の着付け教室から今回までの間に

自分の身の周りで

私にとっては本当に人生始まって以来というような大きな出来事がたくさんおこり

そういうあとで分かったことなのですが

何事もなかったように取り繕ってやり過ごすのが一番ラクな気がします

自分の思いや気持ちを理解してもらえるのならいいのですけれど

周りのすべての人にわかってもらえるほどの力は、

どうやら私には無いようで・・・

とりあえずはわかってもらえる人に分かってもらえればそれでいい

そうしてこの先

わかってもらえる人が一人また一人と増えていってくれればもっといい

 

f:id:ajisai2019:20191211214732j:plain

 

そんな調子なのですが・・・・・

 

今日のお稽古は

準礼装で、お太鼓柄の袋帯をしめましょう!

 

今日準備したのは、長いこと箪笥で眠っていた附下

たぶん、作って20年目くらいの初おろしです

おとなしくありきたりな平凡な柄行なので、

当時そこそこ若かった私はちょっと着る気になれず

そのまま放っておかれた着物だったのですが

今回、箪笥から出してみたら

思ったほど悪くなくて

というか、やさしい感じがなんだかしっくりきて

今日はこれを着よう!と思ったのでした

f:id:ajisai2019:20191211193917j:plain

帯は、聚楽の綴れ帯

前に一回練習したことがあるのですが

大騒ぎして誂えたわりには、いまだに使いこなせていない難物(笑)

 

 

ajisai2019.hatenablog.co

前回は器具を使って攻略したのですが

今回は手結びです

 

最近の綴れ帯なので比較的薄手で柔らかいのですが

それでも張りが強くてなかなか扱いにくいです

 

テを、背中から引き出して腹側に巻き付けて休めておく段取りで

背中の左側、帯の下線のところでクリップ留めをするのですが

帯の張りが強固すぎてクリップが飛んでしまうのです

何回やっても飛んでしまう・・・

 

          ↓ 画像をお借りしました

f:id:ajisai2019:20191213133718j:plain

結果、一番おっきいクリップを使い、

通常つけたままにしておくところを後で外すようにしたり・・・とかね

何かと手が焼けます

 

着物と帯は併せて作ったわけではないのですけれど

色調が揃っていて驚きました

画像ですと帯がグレーに見えますが

実際はもうすこし緑がかっていて、本当に着物と同調します

ここまで同じ色で合わせるのはありきたりでつまらなくも見えますが

所詮は礼装に準ずる、ので、平凡でも良し、ですね

 

一時期、長襦袢のマイブームがあって

その時の襦袢は、単が結構多いんです

尤も、今って長襦袢は大概胴抜きで単ですが、多くは袖無双で袖だけは袷ですよね

単の襦袢って、当たり前ですが袖まで単・・・笑

ぺらっとした袖というのはなんとなく心もとないというか・・・

 

そんなこんなで長襦袢の袖は単です

f:id:ajisai2019:20191211214826j:plain

いわゆる”とろんとした”生地の正装用の襦袢・・・でも袖はぺら

どういうつもりで作ったんだか・・・笑

 

今日の発見

背中心がいつもずれてしまうのは

掛け衿の位置を胸もとできちんと合わせないからだ、という事が判明

 

今日の成果

上前の合わせ方が良いと先生にほめられました

左の脇線がちょうど左足の小指と薬指あたりに来るのが理想とのこと

これで、下半身が裾つぼまりにみえるのだそうです

きょうは、私の合わせ方が偶然にもそうなっていまして

この状態を覚えておいてください、と先生に言われました

 

 

f:id:ajisai2019:20191211193931j:plain

 

 

 

次回はクリスマス

その次は新年の発稽古

その次は新年会です・・・

 

淡々と日常がこなされていきます・・・・

 

 

 

 

 

 

新しいPCとプリンター

お気に入りだったエプソンのプリンターがなかなかご機嫌が悪くて

調子が出ずに、切ない・・・

f:id:ajisai2019:20191209232659j:plain

生命線のカラープリントの具合が悪く

印刷用紙の掬い取りも順調にいきません

カラープリントの不具合は以前にもあって、一度調整に業者へ出しているので

これ以上修理・調整に出す気にもなれず

加えて

夫が年賀状の宛先だけを印刷するのに

快調に印刷できないのは嫌だ、とわがままなことを言い

新しいものを買うことにしました

 

(V)o¥o(V)

 

驚くほどの低価格でありながら

そこそこの機能は満たしています

f:id:ajisai2019:20191210151231j:plain



ですが・・・

 

もうあまり画像印刷にもこだわらないので、という事で購入したはずでしたが

実際にプリントしてみると

驚くほど、驚くほど印刷の色合いが・・・・悪い・・・・

こんなにも違うものかと、本当に驚きました

 

いくら承知で決めたとはいえ・・・・

 

ショックからいまだ立ち直れていません

 

今年の年賀状は業者印刷にしようと決めました

 

f:id:ajisai2019:20190913155141g:plain

 

さて、PCですが

そこそこ長く使ってきて、頻繁に立ち上がりに失敗するようになって・・笑

そろそろ寿命かな、と思うにいたったので

Window7終了を控えてのパソコンお買い得セールに乗っかって

新しくすることにしました

私用なのでデスクトップがいいかなと思ったのですが

今使っているのと同じような仕様にこだわると

デスクトップは思った以上に価格が高くて、これにもびっくり

 

ただ、スペックと言っても

昔と今では基本線が違っていて

ある意味比較にならないんですけれどね・・・

 

 

そういえば、持ち歩けるノート型が欲しいと

私自身、思ったことがあったことを思い出し

この際ノート型にすることにしました

f:id:ajisai2019:20191209232612j:plain

 

現在使っているデスクトップを購入した時から何年か月日がたち

今や、PCの性能も日進月歩

使い方もどんどん変化しているようで

お店のかたにいろいろ説明を受けて、

へえ、そうなの・・・と

おもわず、浦島太郎的あいずちを打ってしまう事しきり、でした

 

f:id:ajisai2019:20190913155125g:plain

 

持ち帰りで買ってきて

夫を助手に(笑)セットアップをしてセキュリティを入れ

やれやれでした

 

炬燵でも使える可愛い奴・・・(*^_^*)

 

でも、画面も小さいし

キーボードはスマートすぎるし

マウスも多機能とかって・・・

なんとなく腰が据わらない感じで

正直つかいにくい・・・笑

 

 

というわけで

なんとなく昔のPCに手が出てしまうのですが

こうしてデスクトップの前に座ると

なんと落ち着くことだろう、としみじみ思います

f:id:ajisai2019:20191210151246j:plain



とりあえず今処分することはせずに

これが壊れるまでは使いたいな、と思い

デスクとノートを両方使おうと決めました

 

 

 

ちなみに夫は昔からずっとノート愛用者で

普段は自分のノートを見ていますが

ときどき、私のデスクに遊びにやってきます

 

たぶん、私は思うんですが

こちらの方が落ちつくんだろうな・・・・f:id:ajisai2019:20190913155045g:plain

 

 

 

晩秋の長野その2

 

さて、童心に戻った私達の心、ではないですね、舌をひきつけたところは・・・

身も心も若かりし頃、幾度となくお世話になった

善光寺仁王門脇の ⇒長門屋

f:id:ajisai2019:20191203132828j:plain

 

私達はそのころ、おうどんやお蕎麦を、

つまり食事を制服を着たまま外で食べるなんていう文化は無く

ここで頂いたのはもっぱら夏のかき氷やあんみつ

さすがに今、かき氷は無くて

こんなに可愛らしいおやきを頂きました

 

f:id:ajisai2019:20191203132912j:plain

 

肉まんの様に熱くてふうふう言いながらいただきました

美味しかった!

 

 

 

善光寺大門を出て、長野駅へと向かって参道を降りていくと

何とも言えない酒まんじゅうのいい香りが、辺り一面に漂って来て

たまらなく食べたくなってしまうという、ホントに罪作りな店があります

 

⇒善光寺酒饅頭本舗つるや

 

私達、一つずついただいて

道を歩きながら熱々を食べました

いい年して、と思ったけれど

歩き食べなんていいのかな、と思ったけれど・・・

 

f:id:ajisai2019:20191203141057j:plain

 

考えるよりも食べ終えるのがずっと早かった・・・笑

 

 

 

 

珈琲とワッフルがおいしかった

⇒森乃珈琲店曇り時々晴れ長野駅前店

 

f:id:ajisai2019:20191202221844p:plain

 

実は、ぱてぃお大門にもお店があって

 

f:id:ajisai2019:20191203134024j:plain

趣があるでしょう?

森乃珈琲店、という名にぴったり!

 

頂いたのは珈琲とワッフルなのですが・・・

 

f:id:ajisai2019:20191202213234j:plain

 

なんとコーヒーがポットサービスで出される!

趣のある手捻りのコーヒー碗にたっぷり2杯、頂けます

 

f:id:ajisai2019:20191202213302j:plain

 

 

ワッフルには旬のリンゴコンポートが添えられていて美味しいのですが

なんと、このワッフルはハーフサイズなんです!

ワッフルのメニューに≪ハーフサイズ≫があるんです♡

 

f:id:ajisai2019:20191202213319j:plain

 

わたしは甘いものが嫌いではないのですが

若い皆さんが召し上がるようなボリュームには太刀打ちできないんです

そんな私でも堂々と注文出来るのがとてもうれしい!

 

 

f:id:ajisai2019:20191202213546j:plain

 

 

そして締めは私の希望で御蕎麦

今は、最もおいしいとされる秋そばの新蕎麦の季節!

長野駅前、⇒油屋

 

f:id:ajisai2019:20191202221034j:plain

 

定番、ざるそば

蕎麦湯もおいしかった・・・!

 

f:id:ajisai2019:20191203134814j:plain

 

早いお昼を食べて

私達は解散

 

それぞれの『今』が待つ地へと帰っていったのでした・・・

 

 

 

晩秋の長野

久しぶりに長野散策をしました

昨夜の同級会の興奮を静かに残しつつ一夜が明けた翌朝、

心は学生に戻ったままの私達は、善光寺界隈に行ってみようということになったのです

 

f:id:ajisai2019:20191202213613j:plain

 

いずれも関東に出てきてしまった私達は

改めて、長野の紅葉の美しさに感動しました

鮮やかな赤と黄色、そうそう、これが長野の秋の色だった・・・

 

f:id:ajisai2019:20191203125443j:plain

 

折しも七五三の季節

善光寺境内にも七五三の受付案内テントが一つならず立ち、

七五三のお参りのご家族が大勢いらしていました

 

ワンちゃんもいました

 

 f:id:ajisai2019:20191202220641j:plain

 

f:id:ajisai2019:20191203125224j:plain

 

余りの可愛らしさに、参拝のお客さんたちがたくさんカメラを向けていて

さながら撮影会

私も一枚撮らせていただきました

本人(本犬?)も分かっているようで

カメラ目線もさることながら

ずっとおとなしく、ポーズに応じてくれるので

ますます、可愛らしさが募ってきます・・・

 

 

f:id:ajisai2019:20191203125443j:plain

 

山門からずっと長野市街が臨めます

 

f:id:ajisai2019:20191202220833j:plain

 

 

f:id:ajisai2019:20191203125443j:plain

 

 

歴代の御柱たち

 

f:id:ajisai2019:20191202220722j:plain

 

一番古いのは数えてみたら約60年前

 

f:id:ajisai2019:20191203130812j:plain

 

60年経つと、木も朽ちるのか、と、我が身を重ねて唖然となる瞬間でした

 

 

f:id:ajisai2019:20191203125443j:plain

 

 

善光寺本堂に通じるメインの参道の東側

宿坊などが立ち並ぶしっとりと美しい通りがありました

京都の町並を思わせるような佇まいではありませんか・・・

 

f:id:ajisai2019:20191202220900j:plain

 

 

f:id:ajisai2019:20191203125443j:plain

 

 

古くからある老舗の藤家旅館

今は憧れのウェディングスポット、かな

わが娘もここで式を挙げたかった・・・

今となっては娘の生活圏ではないのでここで挙式しようにも地の利が無くて

 

f:id:ajisai2019:20191202220617j:plain

 

というか娘その兆しも無いのが辛い・・・

 

 

f:id:ajisai2019:20191203125443j:plain

 

 

新しくできた観光スポット、

『ぱてぃお大門』⇒ f:id:ajisai2019:20191202222120p:plain https://www.patio-daimon.com/

 

f:id:ajisai2019:20191203114534p:plain

              

f:id:ajisai2019:20191202220927j:plain

 

f:id:ajisai2019:20191202221502j:plain

 

ゴールデンウィ―クのころ来た時はとても賑やかだったのですが

この時は朝早くという時間帯だったからか

人の気配がない・・・笑

 

 

f:id:ajisai2019:20191203125443j:plain

 

 

街中にも紅葉がしっかりあるところが長野・・・

 

f:id:ajisai2019:20191202221014j:plain

 

長野の味覚の秋もしっかりいただきましたよ

それは次に・・・

 

 

 

 

ぜんまい紬

11月に入って、やや肌寒い日も増えてきて、

こんな日は誰もが着物を着たくなる・・・(笑)

そんなこんなのお稽古日です

 

難敵、お太鼓柄の袋帯、を攻略します笑

 

着物は麦の絵柄のぜんまい紬

筋が縦に入っているのが珍しいと言われたのですが、そうなのかどうか・・・笑

麦の絵なので、春あるいは初夏以外の着用は季節外れにならないかと心配したのですが

どうやらその辺は不問のようでした

 

f:id:ajisai2019:20191114213343j:plain

 

いいなと思って作ったエジプト柄の帯はお太鼓柄の袋帯

これがどんなに厄介な帯かは

作った当時はつゆほども知りませんでした・・・

 

(T_T)

 

今日はしっかり、柄出しのための技術を教えて頂きました

 

アクセントになっていいかな、と思ったオダマキ帯締め

見たところはとてもいいと思ったのですが

帯締め自体が細くて帯を締めるチカラが弱く

二重太鼓を形造る袋帯ではちょっと力が足りないようでした

お太鼓をきちんホールドするのには細すぎるようでした

 

f:id:ajisai2019:20191114213303j:plain

 

代わってボリュームのあるしっかりした帯締めを使ってみると・・・

やはりお太鼓全体がシッカリして、

見た目も着心地も安定感満点でした

何事にも『つり合い』ってありますね・・・

 

f:id:ajisai2019:20191114213402j:plain

 

 

 

先輩・・・と言っても私より年齢的にはずっと若いかた達ですが

訪問着がとてもきれいで、撮らせてもらいました

 

爽やかなブルー

f:id:ajisai2019:20191114213245j:plain

若々しいピンク

f:id:ajisai2019:20191114213318j:plain

 

日本らしいやわらかい色調と和服ならではの柄行が、

とても美しい!

さすが訪問着って凄いな、と思わずにはいられませんでした

 

***********************

 

着付のお稽古が終わってから

わんこに面会に行きました

連日、夫とともに病院に日参しています

今日は昨日よりだいぶ力が出ている感じでした

酸素室から出してもらって

抱っこさせてもらうと、だいぶからだにも力が入っていて

そうそう、顔の動き、手足の動き、私たちに投げかける視線・・・

何時ものムスコにもどってきていて、うれしくなりました

 

f:id:ajisai2019:20191115001717j:plain

 

夫が差し出した手を

いつもの様にぺろぺろ舐めました

鼻からの経管栄養は続いていますが

今日、口からもご飯を食べたそうで

元気の原因はやはり食べもの、のようです

ムスコらしい・・・笑

 

 

 

 

 

 

地に足がつかない・・・

先日からウチのムスコわんこが入院しています

色々あって

急速に状況が悪くなってしまいました

 

f:id:ajisai2019:20191113120829j:plain

 

かかりつけの病院から紹介された病院は

MRIなどの医療設備が整った大きな施設で

先生やスタッフのかたも優しくて

ここなら安心、などと考えてみれば直接はあまり関係ないことを思っていました

ムスコも寂しそうではありましたが

検査のためにご飯が無いことを怒っているような顔をして

まだまだ元気でした

 

f:id:ajisai2019:20191113120851j:plain

f:id:ajisai2019:20191113120958j:plain

 

 

 

それが一変・・・・

 

 

今の一番の問題は肺炎

元々は脊髄のヘルニアが疑われるのでということで

MRIを撮って手術をする段取りだったのですが

体調が急に悪くなり、全身麻酔が必要なMRI自体が実施不可能で

今、小動物用のICUに入っています

 

f:id:ajisai2019:20191113124416j:plain

 

点滴と導尿カテーテルと経管栄養のためのチューブと・・・

いろいろ繋がって、酸素吸入を受けています

からだの小さい子ではあるのですが

それが1.5キロそこそこになっています

元気でいられる体重ではありません・・・

 

 

f:id:ajisai2019:20191113121124j:plain

 

もともと物凄いパパっ子なんですが

私が介護遠征で長いこと家を空ける様になって

ムスコもムスコなりにストレスがたまっていたのかもしれません

犬って意外と神経が細い、とは

よく聞くことですし、周りでもそういうエピソードがよくあります

 

色々考えても混乱してきて

ふわふわと

やわらかい物の上を不安定な足取りで歩かされているような気持ちです

 

 

 

 

プロの仕事

今日のネイル・・・

 

クリスマスコレクション

 

ネイルをし始めてから4年くらいたつのかな

ネイルは何時だってプロの仕事なんですけれど

今回何がプロかって・・・

 

ネイリストさんが撮ってくださった写真

 

色々持たされて

ポーズつけさせられて

 

f:id:ajisai2019:20191112195133j:plain

 

ふふふな一枚が仕上がりました・・・

本人、けっこう赤面しています・・・・

 

 

若気の至り

 

今年は同窓会、同級会が目白押し、です

私と言えば、介護遠征でひっくり返るような毎日が続く昨今、

自分の居場所をしっかり守っている気分になりたくて

出来るだけあちらこちらの集まりに出掛けている今年の自分です

 

f:id:ajisai2019:20191109231640j:plain

 

先日は、部活の集まりがありました

OB,現役生まで含めるとかなり大きな団体で

其の中の私たち、30名ほどの同期生です

同メンバーのうち、すでに2名が帰らぬ旅に発ってしまっています

また、海外にいる2名は都合がつかずに欠席

そして一名は、病気療養中

残り全員、言ってみれば集まれる人員25名ほどは残らずみな集合したので

幹事君は、全員、全員、と感激することしきり!

 

f:id:ajisai2019:20191109231708j:plain

 

卒業後40年余が経ち

皆いいおじいさんと

おばさん(←不思議におばあさん、と思えるような女子はいない笑)になっていて

若かりし頃のほろ苦い思い出話が出てくる出てくる・・

 

なかでも

学生のころの、男子のやんちゃぶりがすごい・・!

 

私は在学中はあまり熱心な部員ではなかったので

練習以外は極端につきあいが悪く、その結果

男の子たちがそんなことしてたなんて露知らず

多分、当時リアルタイムにそのことに接していたら

部活辞めていたかもしれない

と思うほどの武勇伝!

でも今あらためて聞いてみると

あのころの彼らこそまさに若気の至り

というよりは若さの絶頂期ということかな、

なんて良い時代だったのだろう、

今の私はつくづくそう思う、本当に輝くような青春時代だったと・・・

でももしそれを当時知っていたなら、

なんて野蛮な!

ときっとその頃の私は思っただろうな・・・

そしてそう思う私こそ、ほんにほんに若気の至り、なんだな・・・

 

f:id:ajisai2019:20191109231745j:plain

 

ちなみに部活は音楽系

私の学校は音楽の学校ではありませんが

部活ごときでも(笑)やる気があって、好きで、極めれば道自ずから開く!

とでも言うのか、音楽系の職業に就いた者がかなり多いんです

プロのソロ演奏家や、音楽団体や交響楽団演奏家やマネジメント関係

学校の教師など・・・

音楽系の職業には就かないものの、音楽活動をしている人も多く

少し前に本業が定年を迎えるにあたり

すると今度は趣味の音楽活動が本業に入れ替わり

また新たに輝きだした人なんかも、一人二人のみならずいたりして・・・

 

みんな、音楽、好きなんだなぁ・・・

 

f:id:ajisai2019:20191109231809j:plain

 

それに何と職場結婚ならぬ部活内同期結婚が3組もいるんです・・・

いずれのカップルも、あれから数十年経った今回も仲良くそろってご出席

そういえば

何年かごとに送られてくる会員名簿の

あの子とあの子の性と住所が同じになった時

私はずいぶんびっくりしたものです・・・

 

f:id:ajisai2019:20191109231827j:plain

 

今まさに足早に迫ってくる老いを、だれもが感じていて

そういう状況の中で

でもこのつながりを無くしたくないね、という思いを確かめ合いました

ついては、この冬に、女子会(男子参加も許す)を実施する日程を決めて、

お決まりに校歌を歌って

そのあと二次会をして

めでたく無事に御開きとなりました

 

 

チェリーセージ

お散歩から帰ってきた義母が

赤い花の一束をお土産に持ってきました

散歩途中に草木が丹精されているきれいなお庭があって

通りがかりに

お花がきれいですね、と義母が言ったら

赤い花をつけたハーブを一束くださったそうです

ミントのような葉っぱに赤い花が可憐なハーブ

チェリーセージ、というのだそうです

 

f:id:ajisai2019:20191106130744j:plain

 

赤い花がとてもかわいらしいのですが

良い香りのする葉がそれは爽やかで

香り、ルックスともに申し分なし、の、よくできた素敵なハーブです

 

 

最近のわんこ

それまでも時々歩き方がおかしいことがあったのですが

やっぱりちょっと様子がおかしいよね、ほっとけないよね、

と夫とわたしの心配が一致したので、

わんこをお医者さんに連れて行きました

10月20日の夜でした

 

f:id:ajisai2019:20191105202825j:plain

 

先生にどのようですか、と聞かれて

元気がなくて、何時も震えていて、足取りが何ともおぼつかない、ことを伝えました

 

じゃあ、歩いてみようか、と先生にいわれてウチのわんこ

元気にずんずん歩きました

歩けるよねぇ、と先生わんこに向って云いました

診断の結果、

歩けないのは整形外科的な要因ではなくて脊髄から来ている神経的な要因であろう

とのことでした

詳しい検査をしてみなければわかりませんが、という前提ではあるのですが・・・

食欲があり、きれいな良いウンチをして、おしっこもちゃんとするので

取り敢えずは良しとしましょう、と・・・

炎症止めの注射をしてもらいました

ただし、もう年齢が13歳なので、いつ何が起きても不思議ではない時期であることは

頭に入れておいてください、と

 

f:id:ajisai2019:20191105201513j:plain

 

このところ、急に足がよぼよぼしてきたウチのわんこ

本当に高齢になったんだなという現実を目の前にして愕然とします

 

f:id:ajisai2019:20191105201447j:plain

 

しっかり食べてくれて

しかりウンチをしてくれることだけが頼りです・・・

 

f:id:ajisai2019:20191105201433j:plain